TANITAのデジタルクッキングスケールを購入。これからの記事に大活躍出来るガジェット

AmazonにてTANITAのデジタルクッキングスケールを購入しました。

こちらを購入した理由として、スマートフォンレビューでカタログスペックでの重さと、私個人の持った感想を述べているだけになっていまして、勿論その2つも重要ですが実際に測った重さも重要だと思ったためです。

IMG_0817

今回購入したのは、最小表示1gのKD-187です。最大1kgまで測ることが出来ます。

イワナ、書かなかった?

IMG_0818

内容物は本体、説明書 & 保証書、お試し用の単4電池 x2のみです。シンプルイズザベスト。

そういえばAmazonで買った場合の本体の保証ってどうなるんだろう? -> 梱包されている箱と一緒に入っている納品書が保証書に貼るシールと同じ意味になるそうです。

amazon_security1

ということは最近バーコードだけで納品書が付いていないじゃないか!ってなりますが心配無用です。

Amazon公式サイトの注文履歴に、領収書/購入明細書という表示があります。その先に、以前からAmazonを利用している方には見覚えのある画面になりますのでそれを印刷することで納品書を所有していることになります。プリンターが手元にある環境ならば毎回印刷してて損はないので印刷しておきましょう。

IMG_0819

お試し用の単4電池を装着して電源をONにするとHELLOと出迎えてくれます。

最近の電化製品は挨拶をするんですね。気分が良くなるのでもっとやって欲しいです。

IMG_0821

試しに測ってみました。週1レベルで飲む大好きなカフェオレです。

216gとでました。内容量は185gなので、ガワのスチールが31gとなります。なんか楽しい。

IMG_0824

2014年度の真のフラッグシップモデルのMeizu MX4 Proを測ってみました。

カタログスペックでは158g。1g少ないです。1年使っているので何かが摩耗してなくなったのかなー?とか考えれますね。

IMG_0826

どばぁ。EEEEEでエラーです。

ケースやガラスフィルムが付いていればカタログスペックよりも重くなります。流石にこの量は持ち歩けないですね。重たいです。

 

 

という訳で、あると便利なガジェットを手に入れました。

これから何かのレビューをするときに顔を出すと思うのでよろしくお願いします!(cv デジタルクッキングスケール)

他にも複数のカラーバリエーションがあるので、紹介したい物によって色を変えるというのはありかもしれませんね。