500MB未満なら毎月無料で使用できるSIMが付録になっているデジモノステーション 2016年 2月号を購入。SIMのアクティベート方法。

500MB未満なら毎月無料で使えるという、普通に考えれば異常なSIMカードが雑誌の付録になっているので、早速購入してきました。

Amazonでは売り切れ、楽天では売り切れ、ヨドバシでは売り切れ、コンビニや書店であれば置いてあるという、ネットに精通した方が購入している状態なので、今のうちに近くの書店に電話して取り置きをしてもらって購入した方がいいでしょう。

SIMの紹介

IMG_0388

かなり前には500MB使い切りのSIMが付属されていましたね。こちらは開通期限前に開通してしまえば何枚でも使用できるという点から、書店やコンビニでも売り切れが相次ぎましたね。

IMG_0391

0SIM by So-netの使い方もしっかりと雑誌に記載されておりますので、表記に釣られたネットに精通していない方でも大丈夫そうですね。

IMG_0389

今回付属する0SIM by So-netの注意点

  • 初期費用0円
  • クレジットカード必須(デビットカード不可)
  • 0 ~ 499MB: 0円
  • 500MB ~ 2047MB : 100円 ~ 1,500円(100MB毎に100円の従量課金)
  • 2,048MB~: 1600円
  • nanoSIM
  • 3ヶ月データ通信がなければ自動解約
  • 開通期限は2016年2月24日
  • SIMは貸与品のため紛失すると、SIMカード損害金として3240円領収。

1600MB通信すれば1000円といった感じでしょうか。あと、クレジットカード必須なので未就労者は厳しいかもしれないですね。

楽天カードなら余程なことがない限り契約できると思います。

開通方法

ペリっとSIMだけを外し、使用したい端末に挿入します。

IMG_0392

挿入したSIMが認識されたらAPNを設定します。

S51227-235628

S51228-241551

ネットワーク名  so-net
APN so-net.jp
ユーザー名 nuro
パスワード nuro
認証方式 PAPまたはCHAP

 

S51228-240331

S51228-240348

 

ブラウザーで適当にアクセスすると、http://lte.so-net.ne.jp/r/0sim/a/にアクセスされると思います。アクセスされなければURLに直接アクセスしてみてください。

S51228-240600

S51228-240702

基本的にSIMの台紙が必要になるので、ラクマやヤフオクやメルカリで購入する際は台紙付きかしっかり確認取るようにしましょう、

プランをもう一度確認することが出来ます。いやはや。499MB以内であれば無料とは恐れ多いですね。

S51228-241056

S51228-241239

支払はクレジットカードのみです。クレジットカードを介さない開通はないので、SIMカードだけでは通信できません。

500MBを超えた場合の支払先を登録しておくということですね。

アクティベート終了

個人情報、カード情報を入力すると晴れて通信することが出来るようになります。

IMG_0394

登録する際に入力したメールアドレス宛にメールが届いていると思うのでしっかり確認しましょう。

今現在500MB未満なのか確認を取るにはhttps://www.so-net.ne.jp/retail/w/にアクセスしないと確認を取ることが出来ません。専用アプリがほしいところですね。

 

せっかくなので、3回ほど測定してみました。

S51228-242329

S51228-242404

S51228-242440

Band3 (1900MHz)を掴んでいる状態で、深夜0:30分に計測してみました。

ホストはSumida鯖。

速度は格安SIMとしては早めに入るのではないかなと思います。正直な所自宅より早いです・・・。

ただ、混雑したところで遅くなるのは格安SIMの常なので、ある程度あきらめが付くことが出来る方にはおすすめですね。

後、調子に乗ってスピードテストし過ぎないように注意しましょう。

S51228-242543

データオンリーなので、Meizu m1 metalでは Data connection only という珍しい表記を見ることが出来ます。