Meizu謹製アプリストア「App Store」による自動アップデートをオフにする方法

中国で販売するスマートフォンにはグーグル謹製のアプリを入れてはいけませんので、Meizuのスマートフォンは独自ストアとして「App Store」というものがあります。

このストアは中国国外の方にとっては「Google Installer」ぐらいにしか使用しないでしょうが、中国人はVPNを使わないとGoogle Playストアにアクセス出来ないので、こういう独自ストアが重宝されています。

 

この独自ストアには「Wi-Fi環境下においてアプリを自動アップデート」というPlayストアにも有る機能があり、この設定をオンにしているとPlayストアで入手したアプリが勝手にアップデートされてしまうという事態が引き起こされています。

通常の最新版にアップデートされるのであればいいのですが、中国版にアップデートされたり、何故かいち早く提供されているバージョンにアップデートされてしまいますので、迷惑な方や不安な方はオフにしたほうが良いのです。

今回、その設定をオフにする方法をお教えします。

 

①. App Storeを開く

初期設定では左下にあるApp Storeを開きます。

 

②. 右上のアバターをタップ

App Store右上にあるアバターをタップします。

このアバターは環境によって変化します。

 

③. 真ん中右にあるSettingsをタップ

“Me”ページに遷移したら、真ん中右にある歯車のマーク「Settings」をタップします。

 

④. Date-free updateをオフにする

“Settings”ページに遷移したら、上部にある「Data-free update」をオフにします。

説明には“Auto download apps via WLAN”と書かれており、“WLANで接続されていると自動でアプリをアップデートします”という意味ですので、この設定をオフにすると自動でアップデートされなくなります。

 

このように下の「Auto-install updates without notification」が選択出来なくなればOKです。