【2017年2月】Antutuベンチマークスコアランキングが公開。Smartisan M1が計測数不足でランキングから除去

Antutuベンチマークを提供しているAntutu社によって、2017年2月度のベンチマークスコアランキングが公開されました。

計測期間は2017年2月1日 ~ 2月28日までで、Antutu Benchmark ver.6を使用しています。

同一機種で2000回以上計測されていることがランキングに載る条件です。

 

2017年1月のランキングは以下の記事をご覧ください。

 

 

iOS + Androidの総合ランキングでは依然としてiPhone 7 / 7 Plusが上位に立っていて、その後をAndroidが追いかける形になっています。

今のところ、Snapdragon 821を搭載した新モデルが発番されていないこと、次期フラッグシップSoCのSnapdragon 835とExynos 8895を控えているということも有り、1月のランキングと大差ありません。

 

 

iOSのランキングでは3位のiPhone 6s Plusが総合ランキングから漏れるぐらいのスコアになっています。

他のメーカーと同じく、Appleも新製品を出していませんのでランキングに変化はありません。

iPhoneは規格が統一されていますので、アプリはそれらに対して調節がしやすく、Androidと比較をするとスコア以上の働きをもたらすと思います。

 

 

依然としてSnapdragon 821を搭載したOnePlus 3T、LeEco Le Pro 3が上位にたっています。

1月のランキングで4位に位置していたSmartisan M1がランキングから消えている理由は、2月に計測された数が2000回を超えていないという厳しい現実で、このように消えたのは恐らく初めてという快挙、いや愚挙を成し遂げてしまったというのは、ある意味誇るべきではないでしょうか。

このランキングに搭載されているSoCは全てQualcomm製で、やはりスマートフォンの実権を握っているのはQualcommということになります。

 

Xiaomi傘下のPinecone製のSoC「Surge S1」のスコアについて言及されていませんが、3月3日当日に購入した方のレポートによると約65,000点でだいたいHelio P20程度のスコアとなっています。

このSoCの魅力はOTAでバンドを追加することが出来るというところみたいですので、これに関してはスコアよりもアップデートでどこまで進化するかという所に感心を持ったほうがいいでしょう。

 

 

Source