/  Antutu Benchmark  /  【2016年10月】Antutuベンチマークで人気のスマートフォン・解像度・Androidのバージョンが公開
Antutu Benchmark

【2016年10月】Antutuベンチマークで人気のスマートフォン・解像度・Androidのバージョンが公開

【2016年10月】Antutuベンチマークで人気のスマートフォン・解像度・Androidのバージョンが公開

Antutuベンチマークを提供しているAntutu社により、2016年10月での中国国内において人気のスマートフォンTOP10が公開されました。

中国メーカーのスマートフォンではなく、中国のユーザーが使っているスマートフォンが計測対象です。

Antutuベンチマーク v6.0で計測し、期間は2016年10月1日 ~ 同年10月31日までとなっています。

 

8月のデータがありますので、是非チェックしてみてください。

 

人気のスマートフォン

16103553-content

 

計測数のランキングです。

1位はXiaomi Redmi Note 3で45,314回。

このスマートフォンは依然として人気機種となっており、今購入しても十分使えます。

 

2位はvivo X7で42,167回。

Xiaomi Redmi Note 3の牙城を崩しそうな機種で、主なスペックは

  • 5.2インチ FHD
  • Snapdragon 652
  • RAM 4GB / 内蔵ストレージ 64GB
  • 3000mAh
  • 2,498元

となっています。

Xiaomi Redmi Note 3と比較すると価格が倍近く違いますが、vivoのスマートフォンをオフライン店舗で買うというのがステータスになっているので、価格じゃ表せないパフォーマンスが有ります。

 

3位はHonor 6Xで39,040回。

HuaweiのHonorブランドの製品。

若者向けのブランドで、Huaweiが今一番力を入れている所かもしれません。

 

5位にMeizu M3 Noteで29,898回。

まだMeizuは終わっていない・・・のかもしれません。

この時はHelio P10(MT6755M)を搭載してもまだ歓声が上がっておりました。

 

 

10位にXiaomi Mi 5sで19,248回。

ランキング内で唯一のSnapdragon821搭載スマートフォン。

日本の有識者は「Xiaomiは落ちぶれつつ有る」と言っておりますが、全然違っていて息を吹き返しております。

最近は外向けのアピールが増えており、力の入れる所が変化してきています。

 

画面解像度

16103614-content

  • 1920 x 1080 : 39:18%
  • 1280 x 720 : 18.02%
  • 2560 x 1440 : 9.98%
  • その他 : 32.38%

 

8月のデータと比較すると10月は、FHDが上昇、WQHDが上昇、HDが減少となっています。

WQHDディスプレイが上昇しているゆえんは、VRの視聴に一番適しているためとされております。

ミドルレンジと呼ばれるモデルがFHDの採用を始めているのがこの結果に如実に現れております。

最近ではXiaomi Redmi 4が5.0インチながらFHDを搭載するという大きなニュースが有りました。

HDディスプレイは減少傾向に有ります。

 

16103633-content

  • Android 6.0.1 : 38.47%
  • Android 6.0.0 : 17.31%
  • Android 5.1.1 : 12.88%
  • Android 5.1.0 : 9.27%
  • Android 4.4.2 : 5.11%
  • Android 4.4.4 : 3.81%
  • その他 : 13.15%

Android 4.4.2とAndroid 4.4.2の逆転現象が有りますが、基本としてはバージョンが新しいほどシェアが高いことがわかります。

Snapdragonを搭載したスマートフォンは最新のAndroidを搭載することが出来ますが、MediaTek製SoCを搭載するとひとつ前のAndroidを搭載しないといけなくなります。

シェアを確実に伸ばしつつ有るメーカーは最新のAndroidを搭載しておりますが、MeizuはMarshmallowでもAndroid 6.0止まりになるなど、弱さが目立ちます。

 

3キャリアのシェア

16103651-content

中国移動が6割となっており、中国聯通・中国電信が束になっても敵いません。

docomoとSoftBankは中国聯通、auは中国電信のネットワークに似ております。

 

地域でのベンチマーク計測回数

16103710-content

 

広州や深セン、Meizuの本社がある珠海を有している広東省が13万5679回でダントツのトップとなります。

続いて山東省、江蘇省と続いております。

だいたいは人口数と計測回数が一致しております。

 

10月での人気なスマートフォンは、1920 x 1080のFHDディスプレイにAndroid 6.0.1を搭載している機種です。

あなたのスマートンはこれに該当しますでしょうか?

 

Source



スポンサードリンク
シェアお願いします