【2016年11月】Antutuベンチマークで人気のスマートフォン・解像度・Androidのバージョンが公開

Antutuベンチマークを提供しているAntutu社により、2016年11月での中国国内において人気のスマートフォンTOP10が公開されました。

中国メーカーのスマートフォンではなく、中国のユーザーが使っているスマートフォンが計測対象です。

Antutuベンチマーク v6.0で計測し、期間は2016年11月1日 ~ 同年11月30日までとなっています。

 

10月のデータがありますので、是非チェックしてみてください。

 

人気のスマートフォン

20161223220043_89239

計測数のランキングです。

 

今まで1位を死守していたXiaomi Redmi Note 3がの王座が陥落しました。

2016年、急速にシェアを伸ばした「OV」のV、vivo製スマートフォンのvivo X9が1位になりました。

簡単なスペックは、Snapdragon 625、RAM 4GB / 内蔵ストレージ 64GBという平々凡々なものになっていますが、一番の特徴はリアカメラには1600万画素、フロントカメラには2000万画素と800万画素のデュアルカメラという自撮り、風景写真をSNSに上げることが多くなった昨今のニーズにピッタリなスマートフォンとなっています。

価格は2,798元(約45,000円)と決して安くはありませんが、スマートフォンの質感やブランドの高さがそれを上回っています。

 

2位はXiaomi Redmi Note 3。

10月のランキングと比較をすると、数値は殆ど変化していませんので、1位になったvivo X9の素晴らしさがわかると思います。

MediaTekとQualcommの2モデル展開です。

 

4位にOnePlus 3。

RAM 6GBを搭載しているスマートフォンで、カスタムROMが非常に豊富です。

11月にマイナーチェンジモデルのSnapdragon821を搭載したOnePlus 3Tを発表しました。

 

6位にOPPO R9s。

2016年にシェアを大きく伸ばした「OV」のO、OPPO製のスマートフォンです。

オフライン店舗を拡充したことによって大きくシェアを伸ばしたようです。

リアカメラ・フロントカメラカメラ共に1600万画素のIMX398を搭載していて、自撮りに特化しています。

 

7位にはHuawei Mate 9。

11月に発表されながらもこの高い順位。

GPUを大きく強化したKirin960や、Android 7.0 NougatをベースとしたEMUI 5.0が大きな特徴になっています。

 

画面解像度

141b0000a4564e5c1e25

  • 1920 x 1080 (42.00%)
  • 1280 x 720 (17.63%)
  • 2560 x 1440 (8.22%)
  • その他 (32.15%)

 

新しく発表されるスマートフォンの多くがFHDを搭載していますので、11月はこの解像度のシェアが伸びています。

5.0インチスマートフォンにもFHDを搭載する流れが出てきていて、最低でもFHDの時代はもう少しで来るのかもしれません。

 

WQHD(2K)のシェアが下がっている要因として、最近発表されたスマートフォンに搭載されていないとのことです。

この解像度を採用したMeizu PRO 6 Plusは11月30日に発表されましたが、どこまで戦えるのか楽しみですね。

 

Androidバージョン

13510007f1200a9f95bd

  • Android 6.0.1 (36.60%)
  • Android 6.0.0 (16.56%)
  • Android 5.1.1 (13.27%)
  • Android 5.1.0 (10.10%)
  • Android 7.0.0 (1.32%)
  • その他 (22.21%)

Android 6.0 / 6.0.1 Marshmallowのシェアは少し下がりましたが、それでも55%のシェア。

Huawei Mate 9に搭載されているAndroid 7.0 Nougatは1.32%というシェアに終わり、Android 4.4.x KitKatはその他にまとめられてしまいました。

 

 

3キャリアのシェア

141a0000a7c75ecbabdd

中国移動が少しシェアを伸ばしました。

最近では5Gネットワークの開発に力を入れているという情報があり、それを支持することが形になって表れているのでしょう。

中国移動が6割となっており、中国聯通・中国電信が束になっても敵いません。

docomoとSoftBankは中国聯通、auは中国電信のネットワークに似ております。

 

地域でのベンチマーク計測数

13510007f52a8ce01bbd

広州や深セン、Meizuの本社がある珠海を有している広東省が13万5679回でダントツのトップとなります。

続いて山東省、河南省です。

江蘇省と河南省は入れ替わりが起きましたが、誤差の範囲となっています。

だいたいは人口数と計測回数が一致しております。

 

 

10月での人気なスマートフォンは、1920 x 1080のFHDディスプレイにAndroid 6.0.1を搭載している機種です。

あなたのスマートフォンはこれに該当しますでしょうか?

 

 

Source