【2016年Q3】Antutuが世界各地で人気のスマートフォンのデータを公開。Xiaomi、SAMSUNGの2強時代へ

Antutuベンチマークを提供しているAntutu社が、ベンチマークの結果を利用して2016年Q3での世界各地の人気のスマートフォンのデータを公開しました。

残念ながら日本のデータはありません。

 

計測期間は2016年7月1日 ~ 2016年9月30日

Android搭載スマートフォンのみのデータとなります。

 

世界全体

20111744-content

世界全体のデータです。

  1. SAMSUNG Galaxy Note 5 : 6.89%
  2. SAMSUNG Galaxy S7 : 6.13%
  3. SAMSUNG Galaxy S6 edge : 5.23%
  4. Xiaomi Redmi Note 3 : 2.94%
  5. SAMSUNG Galaxy S7 edge : 2.83%
  6. LG G3: 2.21%
  7. Huawei Mate 8 : 2.07%
  8. ASUS ZenFone 2 : 1.79%
  9. LeEco Le 2 : 1.46%
  10. Meizu M3 note : 1.16%

世界全体でみるとSAMSUNGの1強となっております。

ランキングに入っているスマートフォンを製造している国は、韓国、中国、台湾とアジアのみになっており、スマートフォンに関してはアジアが強い結果となっております。

さらに、SAMSUNGは4機種もランクインしており、全てのパーセントを足すと21.17%となり、5機種計測されたうちの1台がSAMSUNG製のスマートフォンということになります。

 

中国

20111801-content

中国でのデータです。

  1. Xiaomi Redmi Note 3 : 7.50%
  2. SAMSUNG Galaxy S7 : 4.73%
  3. vivo X7 : 3.67%
  4. OPPO R9 : 3.02%
  5. Huawei P9 : 2.98%
  6. Meizu M3 note : 2.63%
  7. SAMSUNG Galaxy S7 edge : 2.27%
  8. Huawei Honor 8 : 2.26%
  9. Xiaomi Mi 5 : 2.08%
  10. LeEco Le 2 : 2.01%

中国のデータでは、Xiaomi Redmi Note 3に偏りがあるものの、他のスマートフォンに関しては拮抗しております。

世界全体でみると20%を占めていたSAMSUNGが7%しかないことを考えると、中国人は様々なメーカーのスマートフォンを購入していることが考えられます。

さらに、世界全体のランキングに出てこなかったvivo、OPPO、Huaweiが登場し、現地のメーカーのスマートフォンが、現地で受けているということがわかります。

vivo、OPPOは成長著しく、目が離せない企業です。

 

台湾

20111817-content

台湾のデータです。

  1. ASUS ZenFone 3 : 7.13%
  2. ASUS ZenFone 2 : 6.50%
  3. Xiaomi Redmi Note 3 : 6.32%
  4. SAMSUNG Galaxy Note 5 : 3.83%
  5. SAMSUNG Galaxy Note 4 : 3.65%
  6. HTC One M8 : 2.62%
  7. SONY Xperia Z5 Premium : 2.40%
  8. SONY Xperia Z5 : 2.05%
  9. Xiaomi Mi Max : 2.02%
  10. OPPO R9 Plus : 1.80%

台湾のスマートフォンメーカー「ASUS」が1位と2位で、パーセントを合計すると13.63%となっています。

「HTC」は6位という結果。

台湾はきれいに分かれており、ASUS、Xiaomi、SAMSUNG、SONYが2機種ずつランクイン。

台湾では買い替えが進んでいないのかなと伺えるランキングとなっています。

 

 

香港

20111832-content

香港のデータです。

  1. Xiaomi Redmi Note 3 : 7.15%
  2. LG V10 : 6.75%
  3. ASUS ZenFone 2 : 5.96%
  4. SAMSUNG Galaxy Note 3 : 5.96%
  5. SAMSUNG Galaxy C7 : 3.10%
  6. SAMSUNG Galaxy Note 5 : 2.65%
  7. SAMSUNG Galaxy A9(2015) : 2.64%
  8. Xiaomi Mi Max : 2.62%
  9. SAMSUNG Galaxy S7 edge : 2.17%
  10. Xiaomi Redmi Note 2 : 2.12%

香港ではSAMSUNGが5機種で15.39%となっています。

セカンドスクリーンを搭載しているLG V10が2位につけており、意外なランキングとなっています。

ここでもXiaomi Redmi Note 3が1位という結果で、非常に人気なスマートフォンだということがわかります。

 

 

韓国

20111844-content

韓国のデータです。

  1. SAMSUNG Galaxy Note 5 : 6.72%
  2. LG G3 Cat. 6 : 6.53%
  3. SAMSUNG Galaxy A8(2016) : 6.16%
  4. SAMSUNG Galaxy Note 4 : 5.91%
  5. SAMSUNG Galaxy S6 : 3.16%
  6. LG G3 : 3.03%
  7. SAMSUNG Galaxy S7 edge : 1.66%
  8. LG V10 : 1.63%
  9. SAMSUNG Galaxy S6 edge : 1.66%
  10. LG G2 : 1.38%

韓国には2大スマートフォンメーカーのSAMSUNG、LGがあり、このランキングには他者を全く寄せ付けていない結果となりました。

SAMSUNGが6機種25.12%、LGが4機種12.57%で、SAMSUNGが優位に立っております。

最新のスマートフォンから1世代前のスマートフォンまでランクインしており、”使い続けることが出来るスマートフォン”を製造していることがわかります。

 

 

アメリカ

20111859-content

アメリカのデータです。

  1. Google Nexus 6P : 7.61%
  2. SAMSUNG Galaxy Note 5 : 6.89%
  3. SAMSUNG Galaxy Note 4 : 5.76%
  4. Google Nexus 6 : 4.15%
  5. Moto X Style : 2.82%
  6. Moto G (4th Gen.) : 2.81%
  7. Google Nexus 5X : 2.64%
  8. OnePlus One : 2.04%
  9. SAMSUNG Galaxy S6 : 2.00
  10. SAMSUNG Galaxy S7 edge : 1.80%

アメリカのデータにはNexusスマートフォンや、Motorola、OnePlusのAOSPライクなスマートフォンがランクインしています。

2016年Q4にはPixelスマートフォンがランクインするでしょう。

アメリカでもSAMSUNGは強く、4機種ランクインしております。

そして、先程まで強かったXiaomiが一切ランクインしておらず、アメリカの市場では弱いことがわかります。

 

 

ロシア

20111915-content

ロシアでのデータです。

  1. Xiaomi Redmi Note 3 : 7.80%
  2. ASUS ZenFone 2 : 7.23%
  3. SAMSUNG Galaxy S5 : 4.63%
  4. Meizu M3 note : 3.59%
  5. SAMSUNG Galaxy S6 : 3.11%
  6. Xiaomi Mi 4c : 2.98%
  7. Xiaomi Redmi Note 2 : 2.09%
  8. SAMSUNG Galaxy A5 : 1.99%
  9. SAMSUNG Galaxy S3 : 1.88%
  10. Xiaomi Redmi 3S : 1.85%

ロシアではXiaomi、SAMSUNGが共に4機種ランクインしております。

しかし、最新のスマートフォンではなく1世代、2世代前のスマートフォンがランクインしており、ロシアでは4pdaを始めとする掲示板にてカスタムROMの開発が精力的に活動しており、古いスマートフォンをいつまでも使用するというのが根付いていると思われます。

販売開始された日数から考えるとMeizu M3 noteが最新のスマートフォンになるでしょう。

 

 

ドイツ

20111928-content

ドイツのデータです。

  1. SAMSUNG Galaxy S6 : 8.27%
  2. SAMSUNG Galaxy Note 4 : 6.24%
  3. SAMSUNG Galaxy S7 edge : 5.10%
  4. SAMSUNG Galaxy S5 : 3.82%
  5. SAMSUNG Galaxy S6 edge : 3.24%
  6. LG G3 : 2.13%
  7. SAMSUNG Galaxy A5 : 2.12%
  8. OnePlus 2 : 2.01%
  9. SAMSUNG Galaxy S3 : 1.82%
  10. Google Nexus 5X : 1.49%

ドイツではSAMSUNG1強となっており、TOP5全てSAMSUNG製スマートフォンとなっています。

全体で7機種ランクインしており、パーセントを合計すると30.61%となり、3機種ベンチマークの計測すると1台はSAMSUNG製のスマートフォンということになります。

ここまで1強が顕著に現れているのはドイツのみです。

 

 

インド

20111946-content

インドのデータです。

  1. Xiaomi Redmi Note 3 : 17.90%
  2. LeEco Le 2 : 9.72%
  3. Moto G(4th Gen.) : 8.43%
  4. OnePlus 2 : 6.35%
  5. OnePlus One : 5.15%
  6. SAMSUNG Galaxy J7 : 4.84%
  7. Lenovo L5 Note : 3.79%
  8. LeTV Le 1s : 3.74%
  9. Xiaomi Redmi 3S : 3.73%
  10. Lenovo K3 Note : 3.70%

Xiaomi Redmi Note 3が17.90%という圧倒的な人気スマートフォンとなっています。

インドのランキングでは中国メーカーのスマートフォンが多くランクインしており、インドのスマートフォンメーカーであるMicromax社のYU部門がランキング外に追いやられており、非常に熾烈な市場となっています。

Xiaomi、LeEco、OnePlus、Lenovoが2機種ずつランクイン。

 

 

ベトナム

20112001-content

ベトナムのデータです。

  1. Xiaomi Redmi Note 3 : 8.67%
  2. SAMSUNG Galaxy Note 5 : 7.38%
  3. SAMSUNG Galaxy A5 : 5.81%
  4. ASUS ZenFone 2 : 4.37%
  5. SAMSUNG Galaxy A7 : 3.89%
  6. OPPO F1s : 2.88%
  7. SAMSUNG Galaxy S6 : 2.76%
  8. Xiaomi Mi 4 : 2.25%
  9. Lenovo A7000 : 2.18%
  10. HTC One M8 : 1.93%

ベトナムでもXiaomi Redmi Note 3が1位となっています。

フラッグシップモデルはSAMSUNG Galaxy Note 5、S6、HTC One M8となっており、低価格高スペックスマートフォンが人気ということがわかります。

 

 

マレーシア

20112016-contentマレーシアのデータです。

  1. Xiaomi Redmi Note 3 : 12.84%
  2. Xiaomi Redmi Note 2 : 5.68%
  3. SAMSUNGGalaxy Note 5 : 4.01%
  4. SAMSUNG Galaxy Note 3 : 3.21%
  5. vivo V3 MAX : 3.03%
  6. SAMSUNG Galaxy Note 4 : 2.86%
  7. ASUS ZenFone 2 : 2.83%
  8. SAMSUNG Galaxy S7 edge : 2.77%
  9. Xiaomi Mi Max : 2.52%
  10. OnePlus One : 1.84%

マレーシアでもXiaomi Redmi Note 3が1位にランクイン。

SAMSUNG Galaxy Note 5、Note 4、Note 3、Xiaomi Mi Maxがランクインしており、ファブレットスマートフォンがマレーシアでは人気が高いことがわかります。

ベトナムではOPPO、マレーシアではvivoがランクインしています。


総括

総合的にみると、SAMSUNGとXiaomiの2強となっております。

ただ、Xiaomiがトップとしてランクインするのは発展途上国と呼ばれる地域で、一方SAMSUNGは先進国で多くランクインしております。

上手にマーケティングが出来ている証拠ですが、最近のXiaomiはフラッグシップモデルを頻繁にリリースしているので、先進国で人気の高いSAMSUNGのシェアをどこまで奪うことが出来るかが勝負となりそうです。

 

SAMSUNGは8月にGalaxy Note 7を発表しましたが、相次ぐ爆発によってリコールされてしまうという事態が起こり、今、世界がSAMSUNGに対して厳しい目で見ているのは事実です。

2016年Q4はSAMSUNGの携帯電話市場がどう変化するかが見ものです。

 

 

Source