2016年5月のAntutuベンチマークスコアランキングが公開。Meizu Pro 6が9位までランクダウン

2016年5月のAntutuベンチマークスコアランキングが公開。Meizu Pro 6が9位までランクダウン

Benchmark

2016年度5月のAntutuベンチマークスコアランキングが公開されました。

Meizu Pro 6は4月では7位でしたが9位までランクダウンしております。

 

新たにランキングに加わったのは、Vivo Xplay5 Ultimate Edition、Lenovo ZUK Z2 Pro、Huawei Honor V8の3機種で、Huawei P9がランキング外になりました。

Vivo Xplay5 Ultimate Editionは1位に、Lenovo ZUK Z2 ProはLe MAX 2の下で3位、Huawei Honor V8は自社製スマートフォンのHuawei P9を蹴落としてランクインしております。

 

iPhone 6sとiPhone SEを除いて10万点を超えているのがQualcomm製のSnapdragon820を採用しておりまして、新たに発表されたスマートフォンでは、Lenovo ZUK Z2、OnePlus 3、Motolora Moto Z、ZTE AXON 7、Zenfone 3系列などがSnapdragon820を採用しておりますので、6月のランキングでは8位のLG G5、9位のMeizu Pro 6、10位のHuawei Honor V8はランキング外に追いやられるでしょう。

 

何故このような差が生まれるかといいますと、Antutuベンチマークは3D処理の数値の差ですべてが決まってしまうためです。

なので、3D処理の強いQualcomm製SpandragonやApple A9が上位に食い込んでくるのです。

いくら処理速度を高めても、3D処理に強くなければ上位に食い込むことが出来ないのです。

 

なので、もしかするとSoCメーカー別のAntutuベンチマークランキングが出来てしまう可能性があります。

純粋なランキングでは全てのスマートフォンにSnapdragon820が搭載されたものだけがランクインするという全てのスマートフォンが誤差の範囲で収まってしまう恐れが有るのです。

個人的には、SoCメーカー別ランキングがあると非常に見やすくなるのではないかなと思います。

 

4月度のランキングは以下の記事をご覧ください。

 

Source