【2019年1月】AnTuTuベンチマークにおけるiOS搭載端末のスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuが2019年1月のiOSデバイスにおけるベンチマークスコアランキングを公開しました。

計測期間は2019年1月1日から1月31日、スコアはAnTuTuベンチマーク Ver.7での平均点、同一機種での1000回以上の計測が必要です。

 

新デバイスがリリースされていませんので、2018年12月のランキングから変更はありません。

1位と2位はApple A12X Bionicを搭載したiPad Pro 2018(11インチ)で562,279点、iPad Pro 2018(12.9インチ)で553,258点となっています。3位から5位はApple A12 Bionicを搭載したiPhone XSが361,035点、iPhone XS Maxが358,570点、iPhone XRが353,324点という結果に。

A12X BionicとA12 Bionicはどちらも7nm FinFET製造プロセスを採用し、トランジスタ数は前者が100億、後者が69億となっています。

 

ランキングの順位には大きな変更点はありませんが5位のiPhone XRは12月と比較して4,000点近くスコアが上がっています。この理由としてAnTuTuは新しいファームウェアがパフォーマンスを上げた可能性があるとしています。しかし、Appleは非公表ですがiPhone XS/XS MaxはRAM 4GBなのに対してiPhone XRは3GBなので、若干ですがパフォーマンスに差が生まれています。それは微々たるものなので大きな心配は必要ありません。

 

新しいデバイスが誕生するまでランキングに変化は生まれないでしょう。今の所iPad mini 5が開発されているという噂が立っているので、このデバイスがリリースされれば上位は崩れないでしょうが、下位の順位は変化するでしょう。

 

Source