【2018年6月】グローバル市場のAnTuTuベンチマークにおけるiOS搭載端末のスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuが2018年6月のiOS搭載デバイスにおけるベンチマークスコアランキングを公開しました。

計測期間は2018年6月1日から6月30日、スコアはAnTuTuベンチマーク Ver.7での平均点、同一機種での1000回以上の計測が必要です。

 

2018年5月の計測結果は以下の記事をご覧ください。

 

1位はApple A10X Fusionを搭載したiPad Pro(10.5インチ)で277,840点、2位は同じくApple A10X Fusionを搭載したiPad Pro(12.9インチ/第二世代)で277.272点、3位はApple A11 Bionicを搭載したiPhone Xで236,983点という結果になりました。

約40,000円で購入できることで話題となったApple A10 Fusionを搭載したiPad 2018(第六世代)は206,115点で、同じSoCを搭載したiPhone 7 Plusに約2万点の差をつけています。

 

Appleは新SoCとなるApple A12を開発していることがGeekbench明らかになっており、Geekbenchで算出されたスコアから考えるとCPU性能は据え置きでGPU性能の向上をメインに行っていることがわかっています。製造プロセスが7nmになるのではないかという予想もされていますが10nmで変わらない可能性が高いです。とはいえGPU性能がApple A11 Bionicの約1.4倍の向上に成功していますので、後はハードウェアによる発熱を抑えることが出来れば最高峰のSoCになること間違いないです。

 

Source