【2018年10月】iOSデバイスのAnTuTuベンチマークにおける高評価ランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuがiOSデバイスにおける2018年10月の高評価ランキングを公開しました。

計測期間は2018年10月1日から10月31日、データはAnTuTuベンチマーク Ver.7。

このグラフのパーセンテージは、☆5評価/計測されたスマートフォンの数となっており、10個計測された同機種のスマートフォンの内、9個☆5評価されれば90%となります。

 

1位はApple A10X Fuisonを搭載したiPad Pro(12.9インチ/第2世代)で99%、2位は同じくA10X Fusionを搭載したiPad Pro(9.7インチ)で98%、同率2位でApple A9を搭載したiPhone SEで98%という結果になりました。

iPhoneは基本的に高級機であることから買う人も様々な点を加味して選んでいますので、Androidのデータと比べて高評価率は高くなります。

 

ただ、ホームボタンを排除したiPhone Xは88%、2018年度の新型iPhoneのiPhone XS Maxは91%、iPhone XSは89%、iPhone XRは80%とかなり低めの水準となっています。この評価は購入者しか行なえません。ベンチマークスコアに納得いっていないのか、全体的なものに納得いっていないのかは不明ですが、購入者からの評価はイマイチのようです。

最近はiPhone XRの製造ラインを減らしてiPhone 8/iPhone 8 Plusの製造を増やすという行動に出たようですが、残念ながらiPhone 8は95%でiPhone 8 Plusは93%というiOSデバイスから考えると低いスコアになっており、これから先のAppleは少し厳しい戦いになると思います。

 

Source