【2018年3月】AnTuTuベンチマークにおけるスコアランキングが公開。Snapdragon 845搭載機がトップに

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuが2018年3月のベンチマークスコアランキングを公開しました。

計測期間は2018年3月1日から3月31日、スコアはAnTuTuベンチマーク Ver.7での平均点、同一機種での1000回以上の計測が必要です。

AnTuTuベンチマーク Ver.7はAndroid版のみに提供されていますので、2018年3月のランキングではApple製スマートフォンはランキングから除外されています。

 

2018年2月のランキングは以下の記事をご覧ください。

 

新規ランクインは1位のSAMSUNG Galaxy S9+と2位のSAMSUNG Galaxy S9で、双方ともQualcomm Snapdragon 845を搭載したスマートフォンです。Snapdragon 845を搭載したスマートフォンがMWC2018で数多く発表されましたが、Galaxy S9/S9+は中国での発表・販売が速かったのでこの2機種のみランクインしています。

Galaxy S9+のRAM容量は6GB、Galaxy S9は4GBで、双方とも26万点を超えた点数になっています。

 

3位から5位は2018年2月でTOP3を独占したHiSilicon Kirin 970を搭載したHUAWEI Mate 10 Pro、HUAWEI Mate 10、honor 10(honor View 10)となっています。6位以下は全てQualcomm Snapdragon 835を搭載したスマートフォンになっています。

 

2018年4月のランキングではSONY Xperia XZ2やXiaomiが出資しているBlackSharkによるゲーミングスマートフォンのBlackShark SHARK、3つのカメラにHiSilicon Kirin 970を搭載したHUAWEI P20/P20 Proの登場が有力です。

最低でも20万点を超えていないのフラッグシップモデルとして認められない状態になっているので、これから発表されるスマートフォンのベンチマークスコアは大事になってくるでしょう。

 

Source