【2018年6月】AnTuTuベンチマークにおけるスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuが2018年6月のAndroidスマートフォンにおけるベンチマークスコアランキングを公開しました。

計測期間は2018年6月1日から6月30日、スコアはAnTuTuベンチマーク Ver.7での平均点、同一機種での1000回以上の計測が必要です。

 

2018年5月のランキングは以下の記事をご覧ください。

 

1位がBlackShark SHARKで287,759点、2位がvivo NEX Sで284,227点、3位がOnePlus 6で282,275点という結果になりました。4位のXiaomi Mi 8は発表会では30万点を超えたと公表しましたが、AnTuTuが集計した平均点は273,221点と3万点近く下回っています。

1位から9位まで全てQualcomm Snapdragon 845を搭載していますが、その中でも9位のSONY Xperia XZ2は唯一25万点台の251,387点という結果になっています。1位のBlackShark SHARKとは36,372点もの差があります。

10位のnubia Red MagicはSnapdragon 835を搭載したゲーミングスマートフォンです。

 

惜しくもTOP10外となってしまったのはHiSilicon Kirin 970を搭載したスマートフォン全てで、その中でもGPU Turboという新機能が初期搭載されているhonor Playは202,994点で25位という結果になりました。その他にSAMSUNG Exynos 8895を搭載したMeizu 15 Plusは189,126点で30位、Snapdragon 710を搭載したXiaomi Mi 8 SEは168,309点で33位、vivo NEXは167,005点で34位、“コスパスマホ”の代名詞になっているLenovo ZUK Z2はランキング外となっています。

Snapdragon 845を搭載したOPPO Find Xは計測数不足からランキングから除外されています。7月のランキングには入ってくるでしょう。

 

Source