【2018年2月】AnTuTuベンチマークにおけるスコアランキングが公開。1月に引き続きHuaweiがTOP3を独占

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuが2018年2月のベンチマークスコアランキングを公開しました。

計測期間は2018年2月1日から2月28日、スコアはAnTuTuベンチマーク Ver.7での平均点、同一機種での1000回以上の計測が必要です。

AnTuTuベンチマーク Ver.7はAndroid版のみに提供されていますので、2018年2月のランキングではApple製スマートフォンはランキングから除外されています。

 

2018年1月のランキングは以下の記事をご覧ください。

 

2018年2月のランキングは1月と同様にHiSilicon Kirin 970を搭載した3機種がTOP3を独占していますが、順位が少し変わりました。1月はHuawei Mate 10 Pro、Huawei Mate 10、honor V10(a.k.a. Honor View 10)でしたが、2月はHuawei Mate 10が1位になりました。スコア差は僅か43点、1位と3位の差は992点で1,000点に満たない間で争っています。

4位から10位まで全てQualcomm Snapdragon 835を搭載した機種で、OnePlus 5とOnePlus 5TがSnapdragon 835搭載機の中で21万点を超えています。

2月のランキングではnubia Z17Sが新たにランクインしています。

 

SAMSUNG Galaxy S8+、SONY Xperia XZ Premium、SAMSUNG Galaxy S8はそれぞれ11位、12位と13位になっています。

他にはSAMSUNG Exynos 8 Octa(8890)を搭載したMeizu PRO 6 Plus(4+128GB)は170,366点で20位、“コスパ”の代名詞ともなっているLenovo ZUK Z2は159,126点で36位、指紋認証センサーがディスプレイに埋まっているvivo X20Plus 屏幕指紋版は141,931点で45位となっています。

 

2018年2月はSnapdragon 845Exynos 9 Series(9810)を搭載したスマートフォンが発表されていないのでランキングに大きな変化はありませんでした。中国では3月にSnapdragon 845を搭載したSAMSUNG Galaxy S9/S9+が販売されており、2018年3月のランキングでは大きく順位が変動するでしょう。

このランキングを見る限り、フラッグシップモデルを名乗れるのは20万点以上ということになりそうです。

 

Source