【2019年2月】グローバル市場におけるAnTuTuベンチマークスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuがグローバル市場におけるAndroid搭載スマートフォンの2019年2月のベンチマークスコアランキングを公開しました。

計測期間は2019年2月1日から2月28日、スコアはAnTuTuベンチマーク Ver.7での平均点、同一機種での1,000回以上の計測が必要です。

 

1位はSamsung Exynos 9820を搭載したSamsung Galaxy S10+で332,850点、2位はHiSilicon Kirin 980を搭載したHonor V20で305,599点、3位はKirin 980を搭載したHuawei Mate 20 Xで304,588点という結果になりました。

 

1位のSamsung Galaxy S10+は2月現在では未発売のスマートフォンですが、発表会が2月21日(日本時間)に行われ、その際に多くのYouTuberやサイト運営者等のインフルエンサーにレビュー機を配布したことによって1000件以上の計測が行われたと考えています。スコアは33万点超えに成功しており、HiSilicon Kirin 980と差をつけることに成功しています。

3位のHuawei Mate 20 Xと4位のHuawei Mate 20の他にHuawei Mate 20 Proが存在していますが、順位は他の2機種から大きく引き離されて13位でスコアは294,341点となっています。これはEMUI 9.0に搭載されているパフォーマンスモードが原因で、デフォルトではオフになっていおり、オンの場合は30万点を超えますがオフの場合は27万点程度に下がります。つまり、Huawei Mate 20 Proだけスコアが大きく下がっているのはパフォーマンスモードの存在を知らない一般的なユーザーが多いことになります。

 

この他はASUS ROG Phoneを除いてAndroid 9にアップデートされたQualcomm Snapdragon 845搭載機がランクインしています。Android Pieにアップデートを行うとGPUドライバーのバージョンも向上し、性能も向上するのでスコアが大きく上がっています。なので、ROG PhoneがAndroid Pieにアップデートされた場合はSnapdragon 845搭載機の中では最上位に君臨すると考えています。

 

グローバル市場におけるSnapdragon 855搭載機はXiaomi Mi 9やXiaomi Mi MIX 3 5G、Samsung Galaxy S10e/S10/S10+が有名です。Xiaomi Mi 9とSamsung Galaxy S10シリーズは3月には販売されているので、4月に公開されるランキングではSnapdragon 855搭載機が上位にランクインするでしょう。

 

Source