【2018年5月】グローバル市場におけるAnTuTuベンチマークスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuがグローバル市場における2018年5月のベンチマークスコアランキングを公開しました。

計測期間は2018年5月1日から5月31日、スコアはAnTuTuベンチマーク Ver.7での平均点、同一機種での1,000回以上の計測が必要です。

 

2018年4月のグローバル市場におけるランキングは以下の記事をご覧ください。

 

1位はXiaomiが出資したことで知られるBlackShark SHARKで268,994点、2位はOnePlus 6で267,511点、3位はSAMSUNG Galaxy S9+(G965U)で265,132点という結果になりました。7位のXiaomi Mi MIX 2SまでQualcomm Snapdragon 845を搭載したスマートフォンで、Xiaomi Mi MIX 2Sのみ25万点台となっています。

8位のSAMSUNG Galaxy S9+と9位のSAMSUNG Galaxy S9はSAMSUNG Exynos 9 Series 9810を搭載し、Snapdragon 845とは2万点近くの差があるので2018年はQualcommが優勢となっています。

10位のHUAWEI Mate 10 ProはHiSilicon Kirin 970を搭載し、212,714点と大きな差が生まれています。パフォーマンスの面ではKirin 970はSnapdragon 835やExynos 8895の対抗馬として開発されているので、今回の順位は納得でしょう。ただ、1番の特徴としてはAI処理に特化したプロセッサーのNPUで、AnTuTuベンチマークではその数値は測れませんので実使用の面では数値以上の快適さかもしれません。

 

ランキング外となった注目のスマートフォンは、ゲーミングスマートフォンとして開発されたRazer Phoneは208,593点で16位、“コスパ”のLenovo ZUK Z2は164,097点で47位となっています。

6月のランキングではASUS SenFone 5Z、LG G7 ThinQ/G7+ ThinQやLG V35 ThinQのランクインが期待されています。6月に発表されたばかりのゲーミングスマートフォンのASUS ROG Phoneは今夏に販売予定なのでランクインするまでにはもう少しかかります。CPUをオーバークロックした性能は如何ほどなのか気になりますね。

 

Source