【2018年7月】グローバル市場におけるAnTuTuベンチマークスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuがグローバル市場における2018年7月のベンチマークスコアランキングを公開しました。

計測期間は2018年7月1日から7月31日、スコアはAnTuTuベンチマーク Ver.7での平均点、同一機種での1,000回以上の計測が必要です。

 

2018年6月のグローバル市場におけるランキングは以下の記事をご覧ください。

 

1位はBlaskShark SHARKで288,187点、2位はOnePlus 6で284,830点、3位はXiaomi Mi 8で271,372点という結果になりました。発表会で30万点を超えたとアピールしたXiaomi Mi 8は27万点という結果で、3万点もの差が生まれています。発表会では良いときのスコアを発表するのが常ですが、あまりにも現実離れしたものを発表すると実際に計測したときの落差が大きく、がっかりされること間違いなしです。

1位から9位がQualcomm Snapdragon 845を搭載し、2018年のAndroid市場はQualcommが席巻していると考えてもいいでしょう。

 

10位のSAMSUNG Galaxy S9+は247,617点、惜しくも11位になってしまったSAMSUNG Galaxy S9は245,239点で、どちらもSAMSUNG Exynos 9810を搭載しています。Snapdragon 845搭載モデルとは2万点近くの差が生まれており、今年のSAMSUNGは辛抱を強いられています。

 

ちなみにSnapdragon 845を搭載し、昇降式のカメラを搭載したことで話題のvivo NEX(vivo NEX S)やOPPO Find Xはまだ多くの市場で販売されていないことが原因となって計測数不足なのでランキングからは除外されています。