【2018年8月】グローバル市場におけるAnTuTuベンチマークスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuがグローバル市場における2018年8月のベンチマークスコアランキングを公開しました。

計測期間は2018年8月1日から8月31日、スコアはAnTuTuベンチマーク Ver.7での平均点、同一機種での1,000回以上の計測が必要です。

 

2018年7月のグローバル市場におけるランキングは以下の記事をご覧ください。

 

1位はXiaomiが出資したことで話題となったBlackSharkによるゲーミングスマートフォンのBlackShark SHARKで289,415点、2位は昇降式カメラを採用したvivo NEX Sで288,076点、3位はカメラ全てを昇降式にしたOPPO Find Xで286,293点という結果になりました。

1位から10位全てQualcomm Snapdragon 845を搭載しています。

 

インドではPOCO F1、その他の市場ではPOCOPHONE F1として展開しているXiaomiによるサブブランド第一弾のスマートフォンは264,311点で8位で少々物足りなさを覚えます。

 

TOP10外になってしまったSnapdragon 845を搭載したスマートフォンは、SAMSUNG Galaxy S9が262,604点で11位、SONY Xperia XZ2 Compactが260,772点で12位、SONY Xperia XZ2 Premiumが259,462点、SONY Xperia XZ2が255,124点で14位、LG G7 ThinQが254,097点で15位となっています。この他にもSnapdragon 845を搭載した機種は複数ありますが、AnTuTuベンチマークランキングに載るには1000件以上の計測が必要なので、載っていないスマートフォンは人気のないもしくはベンチマークを計測しない層が購入するものとなります。

 

Snapdragon 845よりも性能が高いとアピールしたHiSilicon Kirin 980は初搭載機が10月16日に発表予定なのでまだSnapdragon 845が天下を取るでしょう。現行モデルのKirin 970を搭載したHUAWEI Honor Playがベンチマークチーティングを行っていたというニュースもあり、Kirin 980のはじき出すスコアには疑いがかけられるかもしれません。

 

Source