【2017年6月】グローバル市場におけるAntutuベンチマークスコアランキングが公開。中国市場と同じくOnePlus 5が1位という結果に

Antutuベンチマークを提供しているAntutu社によって、グローバル市場における2017年6月のベンチマークスコアランキングが公開されました。

計測期間は2017年6月1日 ~ 6月30日、Antutu Benchmark ver.6を使用しています。

同一機種で1000回以上計測されている事がランキングに載る条件です。

 

2017年5月のベンチマークスコアランキングは以下の記事をご覧ください。

 

総合ランキング

Snapdragon 835、RAM 6GB/8GB、内蔵ストレージ 64GB/128GB、デュアルカメラを搭載したOnePlus 5が181,194点で1位になりました。

5月では唯一の18万点超えとなっていたHTC U11は18万点をキープしつつ2位という位置に。

Exynos 9 Series(8895)を搭載したSAMSUNG Galaxy S8/S8+は僅か200点の差で連なっています。

一方でSnapdragon 835を搭載したGalaxy S8+(SM-G9550)、Galaxy S8(SM-G950U)はExynosモデルよりも大きくスコアを落としています。

 

iOS

iOS部門ではスマートフォンに限らずタブレットも含まれていて、Apple A10X Fusionを搭載したiPad Pro(10.5)が22万点という圧倒的な数値で1位となり、その次にiPhone 7Plusが5万点差で位置しています。

同じくApple A10X Fusionを搭載したiPad Pro(12.9)は1000回以上計測されたなかったのでランキングには載っていません。

 

Android

OnePlus 5、HTC U11が18万点の大台を突破し、頭一つ飛び抜けている状態です。

DxOMarkによるカメラの評価ではOnePlus 5が87点、HTC U11が90点となっていて、後者は唯一の90点突破したスマートフォンとなっていますので、カメラ機能においても高パフォーマンスが期待できます。

 

Galaxy S8+/S8はどちらもExynos搭載モデルのほうがスコアが高く、特にGalaxy S8は1万点近くの差が生まれています。

意図的にパフォーマンスを落としているとは考えにくいので、Galaxy S8においてはExynos 8895の方がパフォーマンスが高いことになります。

 

Xiaomi Mi 6やXperia XZ PremiumもSnapdragon 835を搭載していますがいまいちスコアは伸びていないようです。

そして、Snapdragon 821を搭載したOnePlus 3T、LeEco Le Pro 3が根強くランクインしてますが、Moto Z2 ForceなどのSnapdragon 835を搭載するスマートフォンが現れると、Android部門ではSnapdragon 835とExynos 8895のみのランキングになりそうですね。

開発中が噂されているKirin 970、全貌が明らかになっていないHelio X30はどの程度の力があるでしょうか。

 

中国における6月のランキングは以下の記事をご覧ください。

Snapdragon 835を搭載したnubia Z17がHTC U11を抜かして2位にランクインしてます。

 

Source