/  Antutu Benchmark  /  【2016年10月】Antutu社によりスマートフォンの高評価ランキングTOP10が公開
Antutu Benchmark

【2016年10月】Antutu社によりスマートフォンの高評価ランキングTOP10が公開


【2016年10月】Antutu社によりスマートフォンの高評価ランキングTOP10が公開

Antutuベンチマークを提供しているAntutu社により、Antutuベンチマークを測った際の評価が良かった割合TOP10が公開されました。

Antutuベンチマーク v6.0で計測し、期間は2016年10月1日 ~ 同年10月31日までとなっています。

ランクイン出来るスマートフォンはスコアランキングとは違い、1000回以上計測されているものとなります。

このグラフのパーセンテージは、☆5評価/計測されたスマートフォンの数となっており、10個計測された同機種のスマートフォンの内、9個☆5評価されれば90%となります。

 

20161109162627_75643

 

1位はiPhone 7 Plusで90.32%。

デュアルカメラを採用したモデルで、RAMが3GBとなっています。

SoCにApple A10 Fusionを搭載し、非常に高いパフォーマンスを振るっています。

 

2位はiPhone 7で88.12%。

こちらもiPhone 7と同じく、SoCにApple A10 Fusionを搭載しているので、その高いパフォーマンスが高評価につながっております。

Antutuベンチマークスコアが17万点を超えています。

 

3位はiPhone 6s Plusで87.35%。

依然としてiPhone 6s Plusの割合は高く、価格に見合った性能を持っているというところが評価されています。

 

4位はOnePlus 3で85.35%。

低価格高パフォーマンスに加え、カスタムROMの開発のし易さから人気が非常に高いです。

しかし、OnePlusは中国国内の市場規模で言うとTOP10から漏れている、その他に分類されるような企業です。

日本でも一部の方しか知らないというように、中国でも一部の人しか知りません。

 

5位はGalaxy S7 Edgeで84.83%。

Galaxy Note 7はリコール問題を受けて高評価にランキングに載らないでしょう。

しばらくは、新機種が出ても厳しい目で見られそうです。

 

6 ~ 8位はHuaweiのスマートフォンが並んでいます。

6位はHuawei P9 Plusで81.89%、7位はHuawei Mate 8で80.94%、8位はHonor Note 8で76.63%となっています。

Huaweiのスマートフォンの品質は高く、特に品質が高いのはHuawei Mate 8としています。

最近ではEMUI 5.0が発表され、指紋認証機能を使って解除した指紋毎に違うホーム画面が表示されるという機能に注目が集まっております。

 

9位はLe Pro 3で73.31%。

SoCにSnapdragon821、GPUにAdreno530、RAMは6GBというスペックでの王者となっています。

最近では資金繰りが厳しいという情報が流れており、今後が心配されております。

 

10位はXiaomi Mi 5s Plusで70.05%。

こちらもSoCにSnapdragon821、GPUにAdreno530、RAM 4GB / 内蔵ストレージ64GBとRAM 6GB / 内蔵ストレージ 128GBの2モデル存在しているスマートフォンで、Xiaomiの圧倒的技術力を「黒科技」と評しています。

「黒科技」というのは、「今までにない技術」を指し、2016年度のXiaomiのキャッチコピーとなっており、最近では37個のBANDに対応したスマートフォンをリリースしたり、ベゼルレスのコンセプトスマートフォンを発表したり、以前とは違った攻めの姿勢が見受けられます。

 

 

Source



スポンサードリンク
シェアお願いします