AnTuTuが信じてはいけないスコアを指南、ベンチマーク結果に特定の表記

AnTuTuが信じてはいけないスコアを指南、ベンチマーク結果に特定の表記
スポンサーリンク

AnTuTu Benchmarkを開発提供をしているAnTuTuが、信じてはいけない(信憑性の薄い)スコアを判明する方法を指南しました。AnTuTu Benchmarkのスコアは大きければ大きいほど優れていることがわかりやすく、そのため特定の環境下でベンチマークを行い、それをあたかも普遍的なスコアだと公開する企業や人がいるため、一般の私達にスコアの見方を教示しました。

 

人や企業によってAnTuTu Benchmarkスコアが公開されたときに、上手のような表記があれば信じてはいけないようです。2行ありますが、上は「このスコアはオンラインで検証されていません」で、下は「AnTuTuがネットワークに接続していないことを認識し、このスコアは認識されません」と記されています。つまり、このスコアはAnTuTu Benchmark上で計測したものではあるけれども、AnTuTuのデータベースに載らないため、AnTuTuが認めるスコアではないということです。疑って見れば「何かやましいことがあるのではないか」となり、問題がないのであればオンライン上で計測し、スコアを送信すればいいというAnTuTuによる煽りとなります。

 

ちなみに今回AnTuTuがこのような発言を行ったのは、realme副総裁の徐起(Xu Qi)氏が未発表のrealme X50 Pro 5G(RMX2075)のスコアを公開し、60万点を超えていることをアピールしていましたが、このような表記が出ているのにもかかわらずこのスコアを多くのメディアが“正規のスコア”として記事にしたためです。こうした騒動のあと、徐起(Xu Qi)氏はオンライン環境で計測したスコアを公開し、依然として60万点を超えていることをアピールしました。

 

やむを得ずオフライン環境で計測したものだとしても、この表記があることによって信じることが出来ないスコアとなります。AnTuTu Benchmarkを使用し計測するときはネットワーク環境が整った場所で行いましょう。

 

 

Source(1) | (2)