【2017年9月】AnTuTuによりコストパフォーマンス比が公開。Xiaomi強し、5機種ランクイン

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuにより、2017年9月時点でのコストパフォーマンスの良いランキングTOP10が公開されました。

コストパフォーマンス比として表されており、算出方法は「1000回以上のベンチマーク計測結果の平均 / 価格(京東での価格を参考) = コストパフォーマンス比」となっております。

数字が高ければ高いほどコストパフォーマンス(コスパ)が良いといえるスマートフォンになります。

2017年9月1日 ~ 2017年9月30日までのランキングで、同一機種で1000個以上計測されたものがランクインしています。

 

  • 参考

1000元 -> 約16,000円

2000元 -> 約32,000円

3000元 -> 約49,000円

 

1位は86点でCoolpad cool1(3GB+32GB)、Snapdragon 625を搭載し、799元で販売されているスマートフォンです。

2位は73点でXiaomi Mi 5s(3GB+64GB)、Snapdragon 821を搭載し、1799元で販売されています。

3位の68点でXiaomi Mi 6、世界で初めてSnapdragon 835を搭載し、2499元で販売されています。

 

“コスパ”として有名なLeEcoやZUKは販売台数の減少や、他社の新機種によってユーザーが減ったことにより、スコアとしてはランクインしますが月に1000回以上計測されなくなったので除外されています。

 

4位のXiaomi Redmi Note 4(3GB+64GB)は1199元、5位にはMediaTek Helio X20を搭載したMeizu MX6(3GB+32GB)が1349元、6位にはSnapdragon 835を搭載したベゼルレスのnubia Z17(6GB+64GB)が2799元、7位の360 Phone N5(6GB+32GB)が1299元で販売されています。

その中でもMeizu MX6は8月の7位から5位にランクアップし、要因としてはAnTuTuベンチマークスコアが上昇したことのようです。

ZUK Z2 Proが除外されたことによって2299元で販売されているHuawei honor 9(4GB+64GB)がランクイン、同率10位にSnapdragon 835を搭載したOnePlus 5もいます。

 

8月に発表されたSnapdragon 625と1200万画素+500万画素のデュアルカメラを搭載したMeizu M6 Note(3GB+16GB)が1099元で販売されコストパフォーマンス比は56点で15位、Snapdragon 660を搭載した真のベゼルレスことvivo X20(4GB+64GB)は2998元で販売されてコストパフォーマンス比は39点で43位となっています。

 

5位にランクインしたMeizu MX6のスペックは、Android 6.0 MarshmallowをベースとしたFlyme 6.0、5.5インチFHD(1920 x 1080)ディスプレイ、SoCはMEdiaTek Helio X20(MT6797)、GPUはMali-T880 MP4、リアカメラが500万画素、フロントカメラが1200万画素、RAM 3GB / 4GB + 内蔵ストレージ 32GB / 64GBの2モデル展開、バッテリーの容量が3060mAhです。

 

Source