【2017年8月】AnTuTuによりコストパフォーマンス比が公開。Helio X20を搭載したMeizu MX6が7位にランクイン

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuにより、2017年8月時点でのコストパフォーマンスの良いランキングTOP10が公開されました。

コストパフォーマンス比として表されており、算出方法は「1000回以上のベンチマーク計測結果の平均 / 価格(京東での価格を参考) = コストパフォーマンス比」となっております。

数字が高ければ高いほどコストパフォーマンス(コスパ)が良いといえるスマートフォンになります。

2017年8月1日 ~ 2017年8月31日までのランキングで、同一機種で1000個以上計測されたものがランクインしています。

 

  • 参考

1000元 -> 約16,000円

2000元 -> 約32,000円

3000元 -> 約49,000円

 

2017年7月のランキングは以下の記事をご覧ください。

 

1位は100点を超えそうなCoolpad cool1(3GB+32GB)で、Snapdragon 625を搭載し、799元で販売されているスマートフォンです。

2位はLenovo ZUK Z2 Pro(6GB+128GB)で、ZUKスマートフォンの開発は止まりましたが、カスタムUIのZUIは中国版のMotorolaスマートフォンに搭載されています。

ZUK Z2 ProはSnapdragon 820を搭載し、1899元で販売されています。

3位はXiaomi Mi 6(6GB+64GB)で、Snapdragon 835を全世界で初めて搭載し、2499元で販売されています。

最近はMIUIに縁がなかった日本語が公式によって追加されたりなど、グローバル市場を見据えた開発を行っているように感じます。

 

Xiaomiは他にも4位にXiaomi Redmi Note 4、5位にXiaomi Mi 5s、9位にXiaomi Redmi Note 4X、10位にXiaomi Redmi 4Xがランクインしており、このランキングの半分がXiaomiによって形成されています。

他のスマートフォンとして6位にSnapdragon 835を搭載したnubia Z17(6GB+64GB)、7位にHelio X20を搭載したMeizu MX6、8位にSnapdragon 653を搭載した360 N5がランクインしています、

 

7位にランクインしたMeizu MX6のスペックは、Android 6.0 MarshmallowをベースとしたFlyme 6.0、5.5インチFHD(1920 x 1080)ディスプレイ、SoCはMEdiaTek Helio X20(MT6797)、GPUはMali-T880 MP4、リアカメラが500万画素、フロントカメラが1200万画素、RAM 3GB / 4GB + 内蔵ストレージ 32GB / 64GBの2モデル展開、バッテリーの容量が3060mAhです。

レビュー記事がありますので是非ご覧ください。

 

Source