【2019年5月】AnTuTuベンチマークにおける国際市場のAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを開発提供しているAnTuTuが、2019年5月のAnTuTuベンチマークにおける国際市場のAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングを公開しました。昨今のスマートフォンは発表会でAnTuTuベンチマークのスコアを公開することがありますが、それは開発を行っている企業がベストなパフォーマンスが発揮できるように様々な対策をとっているので、ラボスコア(実験室性能)と呼ばれています。

AnTuTuが公開するのは異様にスコアの高いラボスコアではなく、一般人によって計測されたスコアなので信憑性は高いとAnTuTuは話しています。(ランキングに載るには1000回以上の計測が必要)

 

1位はOnePlus 7 Proで373,953点、2位はXiaomi Mi 9で371,894点、3位はBlack Shark 2で369,224点という結果になりました。

先月のランキングではQualcomm Snapdragon 855を搭載したSamsung Galaxy S10 5GとGalaxy S10+とGalaxy S10、vivo iQOOがランクインしていましたが、ランキングの規定通り5月中に1000件以上の計測がないのでランキングから除外されています。

 

今月のランキングではSnapdragon 855を搭載したSamsung Galaxy S10 5GではなくSamsung Exynos 9820を搭載したSamsung Galaxy S10 5Gがランクインしています。Snapdragon 855搭載モデルはアメリカ市場で、Exynos 9820搭載モデルは韓国市場やオーストラリア市場で販売されています。韓国市場では4月初頭から販売されていますが、オーストラリア市場では5月末より販売開始となっています。

 

更に次世代通信規格5Gに対応したスマートフォンとしてLG V50 ThinQ 5Gがランクインしています。こちらは韓国市場やアメリカ市場、オーストラリア市場で販売されています。LG V50 ThinQ 5GはSamsung Galaxy S10 5Gと比較すると幾分か安く設定されていますので入手難易度は低く、5Gを比較的安く気軽に体験するのに向いています。

 

Source