【2019年3月】AnTuTuベンチマークにおける国際市場のAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを開発提供しているAnTuTuが、2019年3月のAnTuTuベンチマークにおける国際市場のAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングを公開しました。昨今のスマートフォンは発表会でAnTuTuベンチマークのスコアを公開することがありますが、それは開発を行っている企業がベストなパフォーマンスが発揮できるように様々な対策をとっているので、ラボスコア(実験室性能)と呼ばれています。

AnTuTuが公開するのは異様にスコアの高いラボスコアではなく、一般人によって計測されたスコアなので信憑性は高いとAnTuTuは話しています。(ランキングに載るには1000回以上の計測が必要)

 

1位のXiaomi Mi 9、2位のSamsung Galaxy S10、3位のvivo iQOO MonsterはQualcomm Snapdragon 855を搭載していますが、Xiaomi Mi 9のスコアが371,423点で大きく引き離しているのがわかります。これはSamsungやvivoが消費電力を低くするためにCPUの動きを制御しているのが大きく関係しており、Xiaomi Mi 9は性能は高いものの消費電力が高いのでバッテリーの減りも早くなっています。

 

4位のSamsung Galaxy S10+、5位のSamsung Galaxy S10、6位のSamsung Galaxy S10eはSamsung Exynos 9820を搭載しています。2018年でもExynos 9810はSnapdragon 845に及びませんでしたが、今回もSnapdragon 855に及ぶことはありませんでした。驚く方も多いかもしれませんが、Exynos 9810とSnapdragon 845はGPU性能の差によって大きくスコアが開いていましたが、今回はGPU性能にはそれ程差はなくCPU性能に大きな差が生まれています。これはExynos 9820が最新のARM Cortex-A76ではなくCortex-A75を採用していることが大きく関係していそうです。

 

7位のHonor V20、8位のHuawei Mate 20X、9位のHuawei P30 ProはHiSilicon Kirin 980を搭載しています。Android 9 PieをベースとしたEMUI 9にはパフォーマンスモードが存在しており、このモードをオンにするとAnTuTuベンチマークのスコアは30万点を超えますがオフにすると27万点程度しか出ず、更にデフォルトでこの機能はオフになっているためそれほど高いスコアでランキングに載ることはありません。

10位はSnapdragon 845を搭載したXiaomi Mi MIX 3で、Android 9 PieにアップデートされたことによってGPUのドライバーがアップデートされて最適化されたのでスコアが伸びています。Android Pie+Snapdragon 845環境では30万点弱から29万点以上が基本のスコアになります。

 

Source