【2019年9月】AnTuTuベンチマークにおける中国市場のAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングが公開

【2019年9月】AnTuTuベンチマークにおける中国市場のAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングが公開
スポンサーリンク

AnTuTu Benchmarkを開発提供しているAnTuTuによって2019年9月におけるAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングが公開されました。対象はAndroid OSを搭載したデバイス、バージョンはAnTuTu Benchmark v8、ランキング掲載条件は1000件以上の計測、公開されているスコアは最高スコアではなく平均スコアです。

AnTuTu Benchmark v8はAnTuTu Benchmark v7からメジャーアップデートされたバージョンでスコアの計上方法が大幅に変更されており、高リフレッシュレート環境や大容量RAMや大容量内蔵ストレージに対応しています。特にRAM容量と内蔵ストレージの容量が高いほうがスコアが高くなるように調整されているので、ランキングに掲載されるものは最上位モデルが多くなります。

 

1位はvivo NEX 3 5G(8GB+256GB)で483,427点、2位はvivo iQOO Pro 5G(8GB+256GB)で481,211点、3位はASUS ROG Phone II(8GB+128GB)で473,917点という結果になりました。

1位のvivo NEX 3 5Gとvivo iQOO Pro 5GはQualcomm Snapdragon 855 Plusが、内蔵ストレージはUFS 3.0が搭載されています。そして、性能向上のために冷却システムも採用されています。スコア差はわずか2,000点となりましたが、CPU性能とGPU性能はvivo iQOO Pro 5Gが多少高いですがMEM性能ではvivo NEX 3 5Gが勝っており、最終的にはvivo NEX 3 5Gが1位を獲得しました。

 

3位のASUS ROG Phone IIは120Hzの高リフレッシュレートに対応したディスプレイを搭載していますが、すべての計測に120Hz環境が使用されているものではなく90Hzや60Hzで計測されたスコアも含まれるため、わずかにスコアが低くなっています。

 

この他Black Shark 2 Pro(12GB+256GB)が464,953点、Xiaomi Mi 9 Pro 5G(8GB+256GB)が464,807点、Meizu 16s Pro(8GB+128GB)が460,076点、Redmi K20 Pro Exclusive Edition(12GB+512GB)が456,237点、Samsung Galaxy Note 10+ 5G(12GB+256GB)が449,269点、OnePlus 7 Pro(12GB+256GB)が448,488点、Huawei Mate 30 Pro(8GB+256GB)が445,446点という結果になっています。

 

Source