【2019年4月】AnTuTuベンチマークにおける中国市場のAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングが公開

【2019年4月】AnTuTuベンチマークにおける中国市場のAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングが公開

AnTuTuベンチマークを開発提供しているAnTuTuが、2019年4月のAnTuTuベンチマークにおける国際市場のAndroid OS搭載デバイスのスコアランキングを公開しました。昨今のスマートフォンは発表会でAnTuTuベンチマークのスコアを公開することがありますが、それは開発を行っている企業がベストなパフォーマンスが発揮できるように様々な対策をとっているので、ラボスコア(実験室性能)と呼ばれています。

AnTuTuが公開するのは異様にスコアの高いラボスコアではなく、一般人によって計測されたスコアなので信憑性は高いとAnTuTuは話しています。(ランキングに載るには1000回以上の計測が必要)

 

1位はXiaomi Mi 9 Transparent Editionで373,715点、2位はXiaomi Mi 9で373,511点、3位はBlack Shark 2で371,837点という結果になりました。

4位はMeizu 16s、5位はvivo iQOO Monster、6位はSamsung Galaxy S10+、7位はSamsung Galaxy S10、8位はvivo iQOOで全てQualcomm Snapdragon 855を搭載しています。その中でも37万点を超えているのはXiaomi Mi 9 Transparent Edition、Xiaomi Mi 9、Black Shark 2、Meizu 16sでこれらは今の所別格と言ってもいいでしょう。更にこの中でMeizu 16s以外はGPUのクロック数が585MHzから810MHzにオーバークロックする事が可能で、詳しくはこちらの記事(Xiaomi/Black Shark)をご覧ください。

 

9位のnubia Red Magic MarsはSnapdragon 845を搭載していますがCPUとGPU共にオーバークロックすること無く排熱にこだわりを持つことで、このスコアを出すことに成功しています。なのでSnapdragon 845の“本来”の性能は31万点を出すことが可能です。

 

Source