【2018年9月】AndroidスマートフォンのAnTuTuベンチマークにおける高評価ランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuが2018年9月の高評価ランキングを公開しました。

計測期間は2018年9月1日から9月30日、データはAnTuTuベンチマーク Ver.7。

このグラフのパーセンテージは☆5評価/計測されたスマートフォンの数となっており、10個計測された同機種のスマートフォンの内、9個☆5評価されれば90%となります。

 

1位はQualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16th Plusで98%、2位はSnapdragon 845を搭載したXiaomi Mi 8 Explorer EditionとSAMSUNG Galaxy Note8とSAMSUNG Galaxy S9+で97%、5位がSnapdragon 845を搭載したMeizu 16thで96%という結果になりました。

1位を獲得したMeizu 16th PlusはMEIZUによるフラッグシップモデルでSnapdragon 845を搭載したのはもちろんのこと当時はそこまでメジャーではなかった画面内指紋認証機能に対応し、価格が比較的安いということで話題を博しました。6GB+128GBモデルが3198元(約52,000円)ということで注文が殺到したのか予約注文を行ったのにもかかわらず未だに手元に届いていない人がいるという状態に陥っています。この問題が改善するまでフラッグシップモデルを発表できないスパイラルが発生するのでなんとかしてこの問題を解消していただきたいと考えています。

 

10機種中7機種がSnapdragon 845を搭載しており、6位のXiaomi Mi 8 LiteはSnapdragon 660、7位のHUAWEI Mate 10 ProはHiSilicon Kirin 970、10位のXiaomi Mi MIX 2はSnapdragon 835を搭載しています。

中国市場ではSAMSUNGの製品が売れていないというニュースをよく耳にしますが今回のランキングを見ると買った人の多くは満足しているようですので、起死回生のチャンスは存在しているのではないかと考えています。SAMSUNGはそのチャンスをしっかりと活かすことが出来るでしょうか。

 

Source