【2018年11月】AndroidスマートフォンのAnTuTuベンチマークにおける高評価ランキングが公開

AnTuTuベンチマークを提供しているAnTuTuが2018年11月の高評価ランキングを公開しました。

計測期間は2018年11月1日から11月30日、データはAnTuTuベンチマーク Ver.7。

このグラフのパーセンテージは☆5評価/計測されたスマートフォンの数となっており、10個計測された同機種のスマートフォンの内、9個☆5評価されれば90%となります。

 

1位はQualcomm Snapdragon 845を搭載したXiaomi Mi 8 Explorer Editionで97%、2位はSamsung Galaxy S9+とMeizu 16thで96%という結果になりました。

Xiaomi Mi 8 Explorer Editionは背面が透けている加工が施してあり(見える回路はシート)、その分価格が高くなっていますがユーザーからは高評価を得ています。2位のMeizu 16thはMEIZUとして初めてQualcomm製フラッグシップモデル向けプラットフォームを使用したスマートフォンで、画面内指紋認証やノッチレスデザイン、イヤホンジャックなどを採用しており新しい技術と古い技術が同時に入っていることから人気が高いです。

 

4位以降はHUAWEI Mate 10 Pro、OPPO Find X、Meizu 16th Plus、OnePlus 6、HUAWEI Mate 10、vivo NEX旗艦版(vivo NEX S)、Samsung Galaxy S8+となっています。

 

このランキングは一見すると全く必要性のないものと思いますが、これは実際に購入したユーザーがそのスマートフォンについて評価を下しているので、自分が欲しいと思ったスマートフォンの評価が著しく低いとどこか満足のいかない部分があることになります。その欠点を許容できる場合は問題ありませんが、許容できない場合はせっかくお金を出して購入したものが無駄になる可能性を秘めているので、参考程度でこのスコアを見るといいと思います。

 

Source