Unisoc Tiger T7510を搭載したHisense F50 5Gを発表、Hisense初の5G通信対応スマートフォン

Unisoc Tiger T7510を搭載したHisense F50 5Gを発表、Hisense初の5G通信対応スマートフォン

Other

中国のHisenseは5G通信に対応したHisense F50 5Gを中国のUnisoc(紫光展鋭)が2月26日に開催した2020紫光展鋭春季線上発布会で発表しました。Hisense F50 5GはHisenseにとって初の5G通信対応スマートフォンです。

 

2020紫光展鋭春季線上発布会で発表したHisense F50 5Gはあくまでも仮の発表という形で、全てのスペックは明らかにしていません。明らかにしたスペックはUnisoc Tiger T7510を搭載、クアッドカメラを採用、バッテリー容量が5010mAh、充電は18W(9V/2A)に対応、と非常に少ないです。Unisoc T7510は、既に発表しているUnisoc Tiger T710とUnisoc Ivy V510を組み合わせた製品で、2Gから5G通信に対応し、SA/NSA方式に対応しています。

 

Tiger T710はCPUが4xARM Cortex-A75(2.0GHz)+4xARM Cortex-A55(1.8GHz)のオクタコア構成、GPUはIMG PowerVR GM 9446(800MHz)、製造プロセスは台湾のTSMC製12nm FinFETを採用しています。Ivy V510は台湾TSMC製12nm FinFETを採用したモデムで、3GPP R15に準拠したSub-6GHzに対応しています。

 

以前、Hisenseは2019年の11月に開催された2019中国移動全球合作伙伴大会(CMGPC/China Mobile Global Partners Conference 2019)にてIvy V510を搭載したプロトタイプスマートフォンを展示しノッチのない従来型のスマートフォンでしたが、今回の発表会で少しだけ姿を表したスマートフォンは水滴型ノッチ(ティアドロップノッチ)を採用していましたので、新たにスマートフォンを開発したと考えています。

 

今回の発表会はHisense F50 5GはUnisoc Tiger T7510を搭載していることが明らかになっただけで、いつ発売なのか、どの程度の価格なのかは不明です。今後、Hisenseによって詳しいスペックが明らかになると考えています。

 

 

Source