2017年に発表された全ての機種、1度もOSアップデートがなされていない現実

2017年に発表された全ての機種、1度もOSアップデートがなされていない現実

Meizuが2017年に発表した全ての機種が2019年5月現在、初期出荷Android OSバージョンのままであることがわかりました。つまり、1度もAndroid OSアップデートが行われていません。

 

Meizuは2月に2017年最初の機種となるMeizu M5sを発表し、その後Meizu M2 EMeizu MA5(Meizu M5c)、Meizu PRO 7 PlusMeizu PRO 7-HMeizu PRO 7-SMeizu M6 NoteMeizu M6の計8機種を発表しました。

Meizu M5s、Meizu M2 E、Meizu MA5(Meizu M5c)はAndroid 6 Marshmallowを搭載し、その他の機種はAndroid 7 Nougatを搭載しています。

 

2019年5月現在、計8機種は1度もOSアップデートが行われること無く今を迎えており、悲しい現実を背負っています。Meizu PRO 7 PlusとMeizu PRO 7-Hに搭載されているMediaTek Helio X30のみAndroid 8 Oreo以降を搭載している機種が存在していませんが、その他の機種に搭載されているSoCは全て他企業ではAndroid MやAndroid Nよりも新しいOSを搭載しているので、完全にMeizuがやる気を出していないだけと考えることが出来ます。

 

そして残念なことに開発者が「Android OSをアップデートしても以前の状態よりも優れているとは100%保証できない」とAndroid OSを利用しているとは思えない発言が飛びてていますので、この8機種はOSアップデートが行われること無く生涯を終えるでしょう。スマートフォンは決して安くない買い物です。消費者を侮辱しています。

今現在、最新のAndroid OSであるAndroid 9 Pieを搭載した機種はいくつか発表されているので、新しい機種を買えば新しいOSが体験できるといった山塞企業のような販売方法を行っています。なので、メイン機種としてMeizuスマートフォンを買うのはおすすめできず、あくまでも「おもちゃ」として買うのが良いのかもしれません。

 

ちなみにこの2017年に発表された全ての機種はカーネルソースが公開されていません。OSアップデートも行わない、カーネルソースも公開しない。非常に残念な企業です。