Meizu端末にadb shellと入力した際に error: device not found と返されるので、adb環境をMeizu端末に対応させてみた。

AndroidをPCから触る際に必要なコマンドに adb shell というものがあります。

当たり前のように使用する adbコマンド ですが、Meizu端末では初期状態で対応しておりませんでした。使えないと困るので、対応させてみました。

Android SDKが必要ですが、インストールする方法は省略させていただきます。以下の記事を参考にしてみてください。

参考:[win10] Android SDKをWindow10にインストールする – エンジニアの休日

準備物

  • コマンドプロンプトでadbと入力し、コマンド一覧が表示される状態のPC
  • こちらからandroid.rar(別途解凍ソフト) ##ミラー禁止##
  • Flyme OS 4.5以上のMeizu端末

作業

①. android.rarを解凍し、.androidというファイルを表示させる

2015-12-27 22_02_46-.android

android.rarを解凍すると、.androidというフォルダが表示されると思うので、そのファイルを C:\Users\******\ にペーストします。

②. .androidフォルダ内にある adb_usb.iniを編集

2015-12-27 22_07_42-C__Users_cielsomer_.android_adb_usb.ini - EmEditor

一応記述しておきましたが、もし何かの手違いで記述がなければ 0x2a45 を記述しておいてください。

こちらの 0x2a45というのはMeizu端末共通のベンダーIDというもので、このベンダーIDをAndroid ADB Interfaceとして読み取ってくださいという命令を出す設定ファイルになります。

③. コマンドプロンプトで adb shell と入力し、Meizu端末とPCを連携させる

2015-12-27 21_12_42-C__WINDOWS_system32_cmd.exe - adb shell

コマンドプロンプトでadb shellと入力すると、 error device unauthorized. please check the confirmation dialog on your device という表示が出ると思うので、このエラー構文が表示されましたら接続したMeizu端末の画面をつけて見てください。

S51227-211151

Allow USB debugging?という表示で、よくわからないfingerprintが表示されていると思いますが、 Always allow this computer to debug にチェックマークを入れて OK をタップしてください。

S51227-213748

S51227-223258

もし何も出なかった場合や error: device not found と表示された場合は、USB debuggingが有効になっているか、 Revoke USB debugging authorizatons をタップし、USBデバッグの許可の取消を試してみてください。

そして再度、 adb shell と入力すると、 shell@端末名:/ $ という表示になると思います。

この表示が出たらMeizu端末とPCの連携が完了です。

2015-12-27 21_20_19-C__WINDOWS_system32_cmd.exe

一度接続が許可されたら、他のMeizu製端末でも USB debugging を有効化した状態で接続すると、何もしなくとも Allou USB debugging? の表示が出て、許可すると同じように adb shell を使用することが出来るようになります。

注意点

adb shell を利用できるようになると、/system領域を触れることが多くなります。

Meizu端末では/system領域を破壊しても大丈夫ですが、手違いでrecovery領域を破壊してしまうと復旧不可能になるので注意してください。

参考:Come installare Flyme 5 Stable con Italiano e Play Store su Meizu Mx5