/  Meizu Dev  /  Meizu m2 note用カスタムKernel「Blood Kernel」がv1.3へアップデート
Meizu Dev, Meizu m2 note

Meizu m2 note用カスタムKernel「Blood Kernel」がv1.3へアップデート

Meizu m2 note用カスタムKernel「Blood Kernel」がv1.3へアップデート

カーネルソースが公開されている、2015年度のMシリーズスマートフォン、Meizu m2 noteにカスタムカーネルとなる「Blood Kernel」がロシアでリリースされております。

そのカスタムカーネルがv1.3へアップデートされました。

通常のカーネルから、オーバークロック、ガバナーの追加、I/Oスケジューラの追加などが行われております。

Kernelのバージョンは3.10.104です。

 

このカスタムカーネルはGithubにてソースを公開しています。

クローンすれば自分で作成することが出来ます。

 

以前紹介した、v1.0、v1.1から次の機能が追加されています。

  • r1.3(2016-11-19)
    -Add LZ4 decopression support
    -Add LZ4 Cryptographic API
    -Update AnyKernel2 scripts based on latest commits of @osm0sis
    -Sync sources with @Moyster ‘s mm-6.0 branch
  • r1.2(2016-11-09)
    -Update Linux sources to 3.10.104
    -Enable all supported and stable I/O shedulers
    -Set FIOPS I/O by default
    -Fix LiveDisplay lags
    -Fix compability with all ROMs
    -Synk sources with Moyster

 

 

カスタムカーネルはTWRPからインストールする方式を取っております。

Fastbootからインストールする場合は以下のコマンドを入力して下さい。

 

Meizu m2 noteのカーネルソースは以下の記事をご覧ください。

 

Download

作者

作者のGithub



スポンサードリンク
シェアお願いします