/  Tips  /  Flyme OS 5.0を起動させたらすること(初期設定編)
Tips

Flyme OS 5.0を起動させたらすること(初期設定編)

Flyme OS 5.0を起動させたらすること(初期設定編)

Flyme OS 4.5とFlyme OS 5.0の初期設定画面に違いがありましたので、両方記したいと思います。

Flyme OS 4.5の初期設定は「こちら

初期設定

Screenshot_2015-10-01-18-07-43

Flyme OS 5.0は中国語(簡体字)とEnglishしかありません。

後に言語を変えることは可能ですが、Meizu謹製のアプリの言語は変わりませんので注意してください。

Screenshot_2015-10-01-18-08-24

Flyme OS 4.5とは違い、言語を選択するとMeizu端末,Flyme OSの利用規約の画面になります。

Flyme OS 4.5と少々文章が違いますので、こちらもしっかり目を通しておきましょう。

Screenshot_2015-10-01-18-08-34

Use mobile networkという項目は、APN設定に入っているSIMを使用した際に使える項目ですので、WLANを選択して、Wi-Fiで設定をしていきましょう。

Screenshot_2015-10-01-18-11-59

Screenshot_2015-10-01-18-11-01

Flymeアカウントの入力画面になります。

まだ調整不足なのか、Flymeアカウントの取得する画面では中国語が表示されています。そして、メールアドレスを使った取得方法が無くなっており、少々不便になっております。なので、PCから取得するか、Flyme OS 4.5の状態で取得するほうが簡単です。

Screenshot_2015-10-01-18-12-32

Flymeアカウント取得、もしくはすでに持っているFlymeアカウントを入力すると淘宝と連携するか聞いてきます。

クラウドストレージを40TBももらえますが、クラウドストレージを利用しない方や淘宝を使用していない方はスルーしましょう。スルーの仕方は、左上にある”<“をタップするか、ホームボタンをタップ(押し込まない)するとスルーすることが出来ます。

淘宝網のアカウント取得方法はStep1 淘宝(タオバオ)アカウント作成方法 | 中国輸入ビジネス 森先生の初心者講座を読んでください。

Screenshot_2015-10-01-18-12-44

以前にMeizu端末を使用していた場合はSync data項目があると思います。こちらの項目は、Meizu謹製アプリのデータの同期をネットワーク接続を利用してやってくれます。

これが地味に便利なので、もし利用したいなと思うことがあればFlymeアカウントを取得しましょう。

Screenshot_2015-10-01-18-13-03

中国ユーザー向けに便利なアプリを紹介してくれますが、どれも利用しない場合はSKIPを押してスルーしましょう。

Screenshot_2015-10-01-18-14-09

Screenshot_2015-10-01-18-13-49



スポンサードリンク
シェアお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。